バイトより待遇の良い期間工

期間工は就業先により待遇や労働環境が異なります

期間工は一定期間の契約によって勤務する短期社員です

待遇面が良い求人情報が多いです

期間工にはいろいろなメリットがあり、待遇が良いことがあげられます。募集する企業は主に自動車メーカーで、圧倒的な資本力を持っているので、給料などの待遇面は高いです。毎月の収入にプラスして、入社祝い金や3ヶ月契約更新事の満了慰労金などを手にすることができます。さまざまな祝い金制度があり、待遇が良いので稼ぎたい人にはおすすめの勤務形態です。年齢や学歴などに関係なく採用されることが多く、簡単な組み立てだったり溶接作業がメインになります。特殊技術を必要としないので、学歴不問や経験不問などの求人が多いでしょう。50代の人も採用することが多く、採用ハードルが低いので応募しやすいと言えます。住み込みで勤務できるところが多く、寮への住み込みなどで働けるケースがあります。寮代や光熱費などは無料になっていたり、生活するのにそれほど費用がかからないことが多いです。寮はワンルームが基本で、いろいろな家具やエアコン、お風呂やトイレなどを利用することができます。家賃がかからないので給料のほとんどを貯蓄することができたり、短期間で纏まったお金を手にすることが可能です。期間工の選び方として、このような待遇面から検討してみても良いでしょう。

例えば期間工として自動車メーカーなどの工場で働く場合、いろいろな方法があります。直接契約社員として働く場合、メーカーと直接雇用契約を結ぶ仕組みです。社会保険や福利厚生などは企業のものを採用されるようになり、給料は企業から払われた金額を受け取ることができます。派遣社員として働く場合、派遣会社と契約しながら工場などに派遣される方法です。あくまで派遣社員になるので期間工と呼ばないかもしれませんが、適用される社会保険や福利厚生などは派遣先のメーカーではなく、派遣会社になるでしょう。給料は派遣先企業が派遣会社に支払い、派遣会社が利益分を抜いた額がスタッフに支給される仕組みです。派遣会社経由で直接契約で働く場合、派遣会社社員ではなくメーカーのスタッフになるので、福利厚生などは企業が採用されます。この場合祝い金などをもらうことができ、派遣会社からの中抜きが行われず、支払われる金額のすべてを手にすることが可能です。この方法を選ぶと派遣会社を経由しながら派遣ではない状況になるので、直接契約や派遣契約などの良いところを活用することができます。いろいろな選び方があるので、自分に合った方法を選択するとお得です。

自分に合った求人選びが大切です

期間工の場合、魅力的な就業先が多いのでどこを選ぶか迷う人も多いでしょう。初めて応募する場合、1社に絞り込むのに悩む傾向があります。まず3ヶ月の短期で働けるような職場を選択することをおすすめします。短期で働いてみてどのような業務なのか様子を見ると良いでしょう。その後職場選びがしやすくなるかもしれません。求人案件は時期によって少ない時期があり、少ない時期にエントリーすると競争率が高くなるので注意が必要です。求人案件が豊富な時期もあり、中には大量募集するようなケースもあります。これから応募したいと検討しているなら、大量募集から目を通してみるのもおすすめです。選ぶ職場によっては待遇や労働形態などが異なり、仕事内容など様々です。信頼できるメーカーや派遣会社などを探してみたり、自分に合う求人を探すことが良い選び方と言えます。

人気記事ランキング